2017年8月20日日曜日

迎賓館赤坂離宮を堪能した日-本館ライトアップ編-

本館を堪能したら18時半。
前庭へと移動する。
18時45分からライトアップなのでそれ狙いである。
夜景作例も必要だったことだし。


そのために、手持ちスローシャッターができるカメラとレンズを持ってきたのだ。

ライトアップ前とあとをどうぞ。

ライトアップ前。

ライトアップ後。

ライトアップ前のマジックアワーな迎賓館もよいですな。
で、あれこれ写真を撮って回る。




WBはその都度調整しながら撮っております。
ちょっとライティングの赤みを残したいときもあれば、
WBをライティングに会わせて迎賓館を白く出したいときもある。
というわけで。

そしてそろそろ帰るかと迎賓館から離れていくと、


近くで、空爆でもはじまったかのような轟音が響く。
神宮外苑の花火大会がはじまったらしい。

この花火大会って好きじゃないのよね。
場所柄高く大きなのを打ち上げられない上に
音ばかりでかくひびくから、
空爆を想像しちゃう。

森の隙間からちょっとだけ花火を覗く。
噴水と花火。
いやあ、こういうとき、E-M1 Mark IIと12-100mm F4のカップリングは最高だわ。
手持ちでもISO感度を上げないでこれだけ撮れるもの。

ライトアップは19、20日だけだけど、
本館の一般公開は29日までなので、行くべし。
個人的なお勧めは、本館主庭の噴水と地形です。

で、帰宅。



迎賓館赤坂離宮を堪能した日-地形と本館編-

作例撮りついでに、赤坂にある迎賓館赤坂離宮へ行ってきたのである。
土日はライトアップする←夜景作例を撮れる!
一般公開日で本館の中に入れる上に、藤田嗣治の絵も観られる!
というわけで行かねば案件だったのだ。

実は本館内の一般公開へ行くのははじめて。
四ッ谷駅で降り、正面から入ろうとすると、


本館を観覧する人はこっちじゃなくて、西門へ回ってくれといわれる。
ぐるっと鮫河橋方面へ少し歩くと、西門。
警備員に見つめられながら撮影。
少しだけ空いてる簡素な門から中へ入る。

人が少ない。もっと大勢おしよせてるかと思ってたのだが、ちょっと拍子抜け。
このまま案内に従って奥にある受付へいけばいいのだが、
その前に見逃してはいけないポイントがひとつ。
それは首都高。
迎賓館敷地内を首都高が走ってるのだ。

正確にいえば、敷地の地下を首都高が走ってて、
その一部が吹き抜けになってて上からみえるのだ。
このときカメラはバッグに入れっぱなしだったのでiPhone+ワイコンで撮影。


これは面白い。
地図でみるとよくわかる。
今日歩いたログごとどうぞ。「スーパー地形」アプリ。

首都高が前庭の真下を抜けているのがよくわかる。

ちなみに赤坂離宮跡は戦後、国に移管されて様々な用途に使われ、迎賓館の前は「東京オリンピック組織委員会」が置かれたそうで、ここを首都高が通ったのは1964年なので、オリンピック直前である。

その後、1974年から迎賓館として使われるようになった。

首都高を堪能した後は受付。
行列用のロープが虚しいくらいに誰もいなくてびっくり。
ここの一般公開日って来場者がすごく多くて混雑してるってイメージがあったのだけど
そんなことはないのか。
あるいはけっこう一般公開してるので、昔ほど珍しくなくなったのか。

来場前に細かく持ち物検査が行われ、
そののち、チケットを買って入場。
今回は藤田嗣治の絵が展示されている分、普段の一般公開よりお高めらしい。

わくわくである。
で、入場。
見学できるのは本館内と主庭で、本館内は撮影禁止だけど、主庭はOkというのでカメラを取りだし、
真っ先に主庭へ。
赤坂御用地の地形を見たかったのだ。
上記地図で分かるとおり、主庭の南側はぐっと下がった谷地になってるのである。

本館のある土地から1段下がって噴水があり、さらにぐぐっと下がってるのがわかるかと思う。
徐々に南下する。
噴水を撮りながら、NDフィルタもってくればよかったなと思ってもあとの祭り。
E-M1 Mark II + 12-100mm F4という史上最強手ブレ補正コンビなのである程度のスローシャッターは手持ちでイケちゃうのだ。


さらに噴水の裏側へ。いよいよ高低差である。


この下には降りられないが、隙間から池の水がみえる。
警備員さん曰く、この向こうは迎賓館ではなくて赤坂御用地で皇室の土地なので、階段を降りてもその奥に柵があって入れない。
ここから御用地が覗けないよう、高い木が植えられた。
御用地の森にはタヌキやハクビシンやノラネコがいる。
そうである。

前掲した地図でわかるように、赤坂御用地は昔の複雑な地形がそのまま残っていて、
その中に古道跡があるという話もあり、
古道好きとしては一度散策してみたいのだが、無理だろうなあ。

で、地形と噴水のガーゴイルを楽しんだら、

本館へ。

本館内は撮影禁止。
とりあえず、明治時代後期に西欧に負けない西欧的な建築を、ってことで作っただけあって、けっこう絢爛で宮殿風。

どこもかしこも、欧州宮殿的で当時の日本のコンプレックスや、西欧風にしないと欧米から一人前の国と思ってもらえなかった事情もあるのだろうなと思いつつ
建築や意匠を楽しむ。

どの部屋にも少しずつ和のテイストが紛れ込んでいて、
豪華絢爛なシャンデリアがぶら下がってる花鳥の間に、
日本の花や鳥を描いた七宝焼きが飾られてたり、
ナポレオンの帝政時代にフランスで流行したアンピール様式を取り入れたために
なぜかエジプト風の意匠がはいってて、
でもドアの上に鎧兜の武者がまじってたりするのが
面白い。

堪能してたら、偶然、大昔の会社員時代の同僚にばったり会う。
互いにびっくりする。

本館を堪能したら、
前庭へ。

---以下後編---

2017年8月19日土曜日

麻生のチョコレートケーキ露頭を観に行ってきた

数日前、小田急線から地層がみえる、って話が話題になったのであるが、
これ、工事が進んだら見られなくなるじゃん、
この辺の地形、その活用法も含めて面白いんだよなってことで
暑い中、作例撮りついでに行ってきたのである。

いやあ、おいしそうな多層チョコレートケーキ露頭でありました。

たまらんですな。手前にマンションを建てるために削っているらしい。
住所的には川崎市麻生区上麻生。
電車的には小田急線の柿生駅と新百合ヶ丘駅の間。
小田急が走っているのは麻生川が作った谷で、
上の写真の丘は麻生川が削れなかった多摩丘陵。
柿生駅から歩いた方が面白い。

柿生駅の東側に出て少し歩くと、線路に沿った南北の道がある。
これ、古道。義経伝説もあるような場所なのだs。
新百合ヶ丘へ向かって歩くと左手に小さな稲荷がある。

さらに北上し、ガード下をくぐり、左手に小田急線、右に丘を見ながら歩くと、この地層ケーキが現れる。
カシミール3D+スーパー地形セットでみるとこんなである。

南から歩いてきて、
麻生川の支流(あるいは人工的な用水路)が小田急の線路下から顔を出すあたり、
道路が丘陵の端に沿ってゆるくカーブするあたり。
上記地図の「A」地点である。
地形データは少し前のものなので、A地点がぽこんと岬上に飛び出てるのがわかる。
Googleストリートビューで北側から見た図はこんな感じ。

それが今はどうなっているか。
こうである。いやあ、見事なものですな。

丘上のマンションと手前のゴミ捨て場が一致してるのがわかるかと思う。
この岬上の部分がごそっとマンション建設のために削られたのだ。
で、削ったばかりの露頭が小田急からよく見えるので話題になったという次第。
南からみるとこうである。

下の方の層は「上総層群」と呼ばれる古い地層で、洪積台地の洪積部分。
武蔵野台地の基礎となる層。
上の方は関東ローム層。
でもどこがどうなのか詳しいことは、専門家でも現地で見ないと断定できないといわれてしまった。
(FB友達にそっちの専門家がいるので尋ねてみたのである)
見事な地層なので、わかりやすい調査報告書でも作ってくれないかな。
勉強にもなるし。


この場所、実は街歩きとか地形歩き好きには有名な場所で、
それはこの露頭の置くにみえるマンションとその奥に見える「高台住宅」による。
この高台住宅、オーバーハングしてるのだ。
もとの地形を考えると、手前のマンションは土を削って建ててるのに対し、
奥の高台は思い切り土を盛ってコンクリートで固めて土地を作ってる。
しかもオーバーハング。
上の地図でいうと「B」のエリアだ。


いやはやこれはすごい。住んでる人、地震の時こわかったろうな。
ちなみに、この上に立っている住宅へは丘の上からアプローチする。
気になるので、ぐるっと回って坂を上って丘の上へ行くことにする。
このオーバーハング住宅の先には墓地がある。

井上家の墓地らしい。このあたり、井上家の土地だったのだろう。
ぐるっと回った坂を上り、
上記地図の「C」地点から撮った写真がこちら。

四階建てのマンションの屋上と台地の高さが同じくらいってことだ。

このまま元の道を戻るのも癪なので
そのまま南下して(上記地図の白い線の道)、
古くて狭い坂を下りて(行き止まりと書いてあるが、徒歩なら抜けられる)

ふたたびチョコレートケーキ露頭の前を通り、
北上して新百合ヶ丘駅へ到達して
暑くて疲れたので、喫茶屋OBでデカいアイスコーヒーを呑んで一息。


まだ早い時間だが、今日は雨が降るという予報だったのでさっさと帰宅。
そして、たまがわ花火大会の直前に豪雨がやってきて
花火大会は中止となったのであった。

ちなみにこのあたり、
昨年末にも歩いてるのである。そのときのもようはこちら。
同じ位置で同じ稲荷神社撮ってるという進歩ないわたしでした。

2017年8月18日金曜日

ZR4100の美肌機能はおすすめ

ITMediaのレビュー用にいつもの田中さき嬢を撮影。
普通の女子大生なのだが、
慣れてくるうちに表情も自然になってよくなってきただけに残念であるが
卒業するのはしょうがないわけで
来年からは違う子になる予定です。

カメラはKiss X9とEX-ZR4100

いやあ、ZR4100の美肌機能、すごいわ。
スマホのカメラ界を見てると、
美肌系の機能って
そのニーズがめちゃ強い東アジア系(HUAWEIとかSAMSUNGとか)が
引っ張ってて、日本のスマホってちょっとクオリティにおいて遅れてるんだが、
同じ東アジアで勝負してるカシオだけは別。
さすが上手い。

日本のスマホメーカーってカシオからライセンスなり技術供与を受けるなりすべきなんじゃなかろうか。
「インスタ映え」って言葉が流行ってるうちに。

今、一番おすすめできるコンデジな気がする。

お昼に撮影を終え、
ちょっと50mm F2で猫を撮りたくて撮影散歩してから帰宅。

X-T2に50mmをつけると75mm相当の中望遠になるのだが
猫を撮るときはそのくらいが都合がいいのだ。




2017年8月17日木曜日

富士フイルムのXF 50mm F2を買う

衝動的に注文した50mm F2が届いたので
さっそくうちの猫でテスト撮影。

コンパクトで軽くて使い勝手もよくて
フォーカスがあったところはシャープだし
それ以外はきれいにボケる。
よいレンズである。

ほんとは90mm F2が欲しかったのだが金がないのです。とほほ。

まあ、猫をほどよい距離感で撮るには75mm相当くらいがいいのである。


ascii.jpに猫連載を書いてメールする。

2017年8月16日水曜日

野津田公園競技場で名古屋vs町田

Jリーグの試合を観に行く。
といってもJ2である。
町田ゼルビアvs名古屋グランパス

数年前、町田ゼルビアを観に行ったときはあっちはJ3で、
名古屋グランパスはJ1だったのだから、
それをJ2でみると思うと感慨深い。

町田のホームスタジアム「野津田公園陸上競技場」は多摩丘陵の中にある。
小野路が近い。里山の中なのでアクセスは悪い。

このあたりは府中と相模国国府や足柄や大山を結ぶルート上にある古道の宝庫だから
晴れてたらちょっと遠くからふらふら歩くと楽しいのだが
雨模様だったので鶴川から直行バス。

スタジアムに入る。
四方どちらをみても森である。



アウェイゴール裏で小雨にぬれそぼりながら
試合を見るわけだが、小雨と霧雨がないまじった天候で
遠くのゴールの様子がよくわからない。
グランパスの2点め。
グランパスゴール裏は「え、今のはいった? はいったの? うぉーーーっ」てなタイミングのずれがまた楽しい。

町田の早くて複数の選手で囲むプレスに手こずった名古屋だったが
前半途中でそれをかわしはじめ、3点。
でも後半はまた同じようにやられて、3-3の同点に。
いやはや。
面白いと云えば面白いけど……ねえ。

で、退場者を間違えたというのでニュースになった例のシーン。
現地ゴール裏では
誰かが抜け出した!(雨でメガネが濡れてて細かい事はよくわからない)、
よしっ、あ、転ばされたPK?
ああPAのちょっと外だからFKか。
ん? なんか揉めてる。町田の選手が退場しない。
あれ、誰が見てもファールなんだから、判定に抗議するとこじゃないよね。
ダイビングだと思ってたん?
……という感じで、まさか誰を退場させるかで揉めてたとは思いもしませなんだわ。

とりあえず、
田口がいないとキツいですな。キープ力があってボールを散らせるボランチがいないと攻撃が前に進まないから。

シャビエルはよい! こんな選手どこで誰がみつけたんだ? レベル。



帰宅後、朝までかかってトリセツの仕事してメール。




2017年8月15日火曜日

「てるみな」と「ぱらのま」

さすがに長距離移動は疲れるのでのんびりと
いくつか細かい仕事をする。

ふと電子書籍をあさってたら、
「てるみな」の作者Kashmirが「ぱらのま」の1巻を出してたので(しかも半年前!)買う。

「てるみな」と「ぱらのま」は
地形と鉄道と地図が好きな人なら確実の楽しめます。

「てるみな」は電車に乗ったとたん
どんどんシュールな世界へ連れて行かれるのだけど、
でもその路線のテイストはちゃんと維持してるってとこが
最高に面白い。
知ってる人ほど楽しめる。
東急が多摩丘陵にはいっていくさまとか。

「ぱらのま」は現実の鉄道の話。
ふらふら鉄道旅エッセイ。
この「地図」のくだりなんかもう最高、というか、今、こういう道を楽しむ本を書こうと企画してるんだが……。


「てるみな」的なのもまた書いて欲しいと思ったら、
「てるみなneu」ってのがWebで公開されてるらしい……
でもそのサイトへいってもバックナンバーは読ませてもらえなかった。
がーん。
しかもどこにあるか分かりづらいし、これでいいのか白泉社。


2017年8月14日月曜日

帰省したらご近所散歩

朝、カメラ3台もって散歩に。

てくてくと猫を探して歩きつつ、
つい大昔に卒業した小学校やらしてない小学校やら小学生の頃やらかしてコケて骨折した団地やらをめぐる。
帰省ついでの記憶を辿るご近所散歩はいろいろと発見があって面白い。

1970年代前半かな。
高度成長期ど真ん中で団地がどんどんできてて
ここなんかまだ建てられたばかりで、
自転車で走り回って遊んでてこの斜路から自転車ごと落ちて骨折したのでした。
よく見るとわかるけど、この斜路、途中で幅が広くなって手すりがついてる。
当時はもっと狭かった(途中でコンクリートの色が変わってるからわかる)。

で、何をやらかしたかというと、まあ小学生なのでアレですよ、あまりにアレすぎてノーコメント。


最初に通った小学校は、3年生の頃(たぶん)、
開校百周年を迎えたのである。
今思えばめちゃ古い学校だったのですな。
明治6年、近所のお寺を借りてスタートしたのがはじまりらしい。
開校百周年記念の記念碑は覚えてる。
となりの二宮金次郎は……当時はここじゃなかったんじゃないかなあ。

ちょうどその頃学区内のいたるところに団地ができ、
クラスが毎年増え、とうとう校舎が足りなくなって
仮設のプレハブ校舎が建てられ、
そこは夏めちゃ暑かった。

やがて、あまりに児童が増えたので、分校が作られ、
そこが独立し
翌年また分校が作られ、また独立。
高度成長期おそろしや。
この頃はまだまわりは田んぼばかりだったので
まとまった学校用地も確保しやすかったんだろうな。

そしてその独立した小学校(おかげで学校が近くなって助かった。それまでは約3kmの道のりを歩いてたから。それが半分くらいになった。

当時歩いた通学路を思い出しつつたどってみようかと思ったのだが、
無理。
細かい道筋を全然覚えてない。
その上、当時そこら中にあった開渠は全部暗渠になり、
農地や竹やぶは住宅地になり、
いやそれ以前に、道路が違う。
区画整理により矩形の土地が増えて
古い道筋がいくつか消えてしまってたのだ。
旧道好きとしてはそれがつらい。
記憶通りの位置にあったのは、橋と公園と学校くらいだもの。
このあたりの区画整理がはじまったのが昭和40年代はじめなので、
ちょうど小学校に通い始めた頃。通ってる間にいろいろ変化したんだろな。

帰り、団地で猫と会う。


疲れた。


妹が車で遊びにくる。
だらだらと西瓜食いながら世間話。

午後、そろそろ東京に戻るかってんで名古屋駅へ。
混んでるだろうから、新大阪発のひかりを狙うか、と思いきや、
最初にホームにはいってきたのぞみに空席を発見して
さくっと座って平和に自由席で東京へ。

お盆期間なるもピークさえ避ければ、ふたりならなんとかなるのであった。














2017年8月13日日曜日

名古屋へ

名古屋へ。
帰省ラッシュは11日がピークだったようで、13日ともなれば、
目の前にきたのぞみに空席があったので並ぶことなく自由席に着席。
みんな、ピーク日に動きすぎ。

おかげ庵へ行ったり見舞いにいったり作例を撮ったりしつつのんびりと過ごす。

昔は山の中にお寺がぽつんとあるだけだった場所。
お寺や置くにみえる森の中。手前に馬頭観音。
左にある駅はリニアモーターカーのリニモ。
馬頭観音とリニモのギャップが面白くて
iphone 7 PlusにSHIFTCAMのワイコンつけてパノラマ撮影。


夕刻、DANBOさんから怪しいブツをもらう。
DANBOさんもSHIFTCAMの6 in 1 Dual Lens Caseつけてた。
これ、その筋で流行っているらしい。


レンズが6つ並んでるさまが
ナゾーっぽいのも人気の秘密ですな←それはないか


2017年8月12日土曜日

夏休み

ひとつ下書きだけしたまま滞っていた原稿があったので
なんとか仕上げる。
これでちょいと夏休み。
レビュー用カメラ(EOS X9とEX-ZR4100)でもぶら下げて作例撮りに行くか←それ、夏休みどころか通常進行



2017年8月11日金曜日

銀座へ

よくわからないけど、休日らしい。
東京駅では未曾有の大混雑だったらしい。

そんな中
銀座のギャラリーで「1961's Photographer」展。
山田久美夫さんをはじめとする1961年生まれの写真家8人による写真展。
それぞれが
自己紹介を兼ねたとっておきの1枚、
壁一つ分ずつ自作の展示、
最後に今後の抱負的な写真を展示するというわけで
たいへん密度が濃いのであった。
ひととおり楽しんで
山田久美夫さんと赤城さんに挨拶して辞去。


1963's photographer 展 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
銀座から日比谷公園までぶらぶらと写真を撮りながら歩いて帰宅。

銀座の歩行者天国は外国人観光客で賑わってる。


銀座でシータ #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
夜、近所のワイン食堂で三井さんらと4人で呑みながら晩ご飯。

2017年8月10日木曜日

ペットリュックと東京アンキョロジー

最近、大五郎(15歳)の体調に不安があったので
(やたら水を呑むようになったし)
一度病院に連れて行こうと、猫リュックを買っておいたのである。
その初出動の日。

大五郎をリュックに詰めこんで
いざ病院へ。

血液検査などをしてもらうと
腎臓があやしいらしい。
まあ老猫だしな。

腎臓が悪い猫用のエサの試供品をもらったり
買ったりして、どれか食べるようなら切り替えることにする。

安いけどそれなりに使えるリュックでした。よかったよかった。



帰宅したら「東京暗渠学」が届いてた。
小さく「Tokyo Ankyology」と書いてある。
「トーキョー・アンキョロジー」。
著者の本田さんによると、こっちをタイトルにしたかったらしい。
中身はめちゃ「暗渠学」。さすが第一人者の本田さんである。
随所に出てくる地図もわかりやすいし。
とにかく細かい。
都内各所の小さな水系を丹念に調べて
地図とその解説がなされてる。

modul.jpに先日のVR時間旅行体験レポートを書く。
その晩のうちに掲載される。さすが早い。

ascii.jpに猫連載を書いてメール。
こちらは金曜の正午掲載。

2017年8月9日水曜日

水曜日は暑かった

暑いので終始自宅作業の水曜日。
トリセツの仕事をする。
近所で猫を撮る。