2016年1月15日金曜日

富士 Xシリーズ五周年。

六本木ミッドタウンで富士フイルムのXシリーズ5周年記念イベント&新製品発表会。
普段と違って外国人が多い。
それもそのはず、世界に向けたイベントなのだ。
会場もこのようにレイアウト。


中央は英語圏。左がアジア。右が日本。
ステージにはスクリーンが3つあり、
左から中国語・英語・日本語と同じ内容で3パターン用意されている。
だから地域ごとに座席が別れてるわけだ。

プレゼンも英語。日本人がしゃべる英語を同時通訳の日本語で聞くという不思議な感じ。

Xシリーズ5周年ということで富士フイルムの歩みからプレゼンされた後、
新製品。
X-Pro2とX70。X-E2S。
X-E2Sは前モデルのX-E2と中身はほぼ同じで、日本ではX-E2のファームアップで対応するために未発売。

X-Pro2はフルモデルチェンジでファインダーもイメージセンサーもシャッターユニットも操作系も進化してて、すごく良くなってる。




背面のスティックがすばらしく便利。
X-T2(いつでるのかわからないけど)も楽しみですな。

X70はすばらしく可愛くてカッコいいデキ。
しかも背面モニタがチルト&タッチというかタッチ&チルトというか、
個人的に28mm単焦点って得意じゃないのでアレだけど
(これで35mmの方がうれしい)
良い感じの仕上がりである。


このあと
各国プレス向けの個別ブリーフィングやら
レセプションやらあったのだが、
夕方から別件の打ち合わせが入ってるので断念。

都営大江戸線に乗れば近い、と余裕を持って出たはずが、
大江戸線の六本木駅ってメチャ深いのであった。
下りても下りても辿り着かない。
何度もエスカレーターを下りてやっと改札を抜けたと思ったら
さらにエスカレーターで、目の前で乗る予定だった車両が発車してしまい、
少し遅刻してしまった申し訳ない。

ちなみに、東京で一番深いところにある地下鉄駅が、大江戸線六本木駅、2番目が大江戸線新宿駅だそうで……六本木で乗って新宿で下りたわたしは
その深さをもっと考慮しておかねばならないのであった。とほほ。


0 件のコメント: